ボンドグラフの基礎:11

ボンドグラフからブロック線図への変換

前ページのボンドグラフをブロック線図に変換する方法を説明します。

  1. すべてのボンドにボンド番号を付与し、エフォート、フローにもそれぞれ番号を付与します。例えば、ボンド番号1はエフォートe1、フローf1のようになります。
  2. すべての要素、接点についてボンドグラフの基礎4 からボンドグラフの基礎8まで を参照して、ブロック線図に置き換えます。
  3. 最後にこれら各要素のブロック線図を総合します。

    ボンド番号を付与したボンドグラフ

    左図は上の図にボンド番号を付与したものです。各要素をブロック線図に変換する過程を表にまとめます。

    要素のブロック線図1

    上図の各要素をブロック線図に展開します。エフォートとフローが対になっていることに注目してください。

    要素のブロック線図2

    ブロック線図の総合

    すべての要素についてブロック線図に展開し、総合します。ボンドグラフの簡潔な表示に比べ非常に複雑になります。

前のページ<<