Ipe7マニュアル

IpeはLaTeXの入るドローソフトです。ボンドグラフを描く上でとても便利なので、別項で紹介しましたが、精密な図の作成ができることと、何よりもLaTeXによる図や式が書けるので、一般の技術文書にも広く使えます。英文マニュアルはあるのですが、容易に理解できるレベルではなく、かつ、日本語が入らないので、報告書などに使いずらいのが難点でした。

日本語をいれる方法がみつかりましたので、拙訳を公開することにします。なお、Ipe7自体はまだベータ版です。このサイトは、ソフトウエア及びこのマニュアルのいずれについても、使用の方法ならびにその結果による事態について、明示、黙示を問わず、いかなる保証もいたしません。また、この日本語マニュアルの疑問点について原著者への質問は絶対にしないようにお願いします。この日本語マニュアルについてのご指摘、あるいは、質問は通信欄からなさるように願います。Ipe7をインストールするには"Ipe7のインストール方法"をご覧ください。

クリックするとダウンロードできます。

Ipe7マニュアル

なお、Ipe7について質問がある場合には、英文マニュアルに基づき

The Ipe extensible drawing editor

の該当項からお願いします。