多様性

暇なので最近はYoutubeが娯楽となっている。オーストラリア人と日本人の国際結婚の
カプルのYoutubeが面白かった。日本の良いところ悪いところをオーストラリア人の細君が縷々取り上げていた。良い点というか気に入っていたのはまず四季が明確なことだそうである。オーストラリアにも四季はあるが、日本ほどはっきりしていない。なんとなく季節が移り替わる。また、日本は南北に長いので、土地により全く異なる。しかし、オーストラリアはどこでも同じである。

日本はその土地毎に歴史、風俗、習慣、文化が違う。季節ごとにお祭りがある。オーストラリアはどこでも平均している。家のつくりも日本では土地毎に違うがオーストラリアではどこでも同じである。多様性という点では日本は際立っている。治安の良さ、人々が温和で争いが少ないことは最大である。

日本で最も嫌だったのは硬直性だそうである。これがきまりですというとテコでも動かない。細かい事だがこの女性はベジタリアンなのだそうで、レストランで肉を抜いてくれといっても頑として聞かない。この女性は日本語がかなり話せるらしいのだが、日本語で注文しても覚束ない英語で答える。外人は日本語が話せないと決めてかかっているらしい。旦那と一緒にレストランに入っても旦那にばかり話しかける。レストランやお店のサービスが丁寧なのは良いのだが、ロボットがやっているようで嫌だったそうである。オーストラリアでのサービスははるかにぞんざいだが、しかし、人間的だそうである。ありがとうという言葉自体もそう思わなければ言わない。

MikTeXとIPE7

ようやくWin10を手に入れ、とりあえずこれまでのサイトが動くかどうかのテストをしている。MikTeXが大きく変更され、インストールのやり直しをしなければならなかった。また、日本語入力方法もかなり変更しなければならなかった。詳しくはsimtec.jpを参照願いたい。TeXworksもかなり変更されている。おそらく近いうちにまた改変があるようだ。例えば、DVIファイルは全廃された。しばらくは監視と注意が必要である。

新潟県五頭連峰親子遭難

本年5月5日に小学生と一緒に登山した親子が新潟県五頭山連峰で遭難した事件は老生も取り上げた。SNSの発達は恐るべきもので、2回にわたり調査登山を実施し、Youtubeで報告している御仁がおられる。Youtubeで”新潟県五頭山連峰親子遭難”で検索すると出てくる。この報告で注目されるのは、ルートのどこでも携帯の受信が可能だったことである。スマホには、GPSが入っているから迷うことはないと、過信した可能性がある。ご遺体はルートからかなり外れたところで発見された。道迷いでビバーク後にあちこち歩き回った結果、滑落したのではないかと推定される。ルート上にはかなり完備した避難小屋があり、ストーブまであったので、早めに連絡ができていれば助かった可能性がある。驚くのは5月22日の段階でも雪が豊富なことで、雪と樹木にルートが覆われ非常に分かりにくかったと指摘されている。5月5日のあたりではさらにわかりにくかったであろう。肉体的にもかなりつらかったのではないだろうか。

遭難要因で最も多いのは道迷いと悪天候、転落である。現在でも遭難の40%は道迷いだそうである。昔は2万5000の地図、コンパスによる読図、ビバークの訓練がされたものである。15年ほど前からGarminが発売されて、精密な登山経路、自分の現在位置も容易に知りうるようになった。おまけにカシミールというソフトが発売されて、ルート計画をパソコンで容易にできるようになった。Garminは以前は英語版のみであったが、現在では日本語版も発売されている。高価なことが唯一の欠点だが、命の危険には代えられない。準備さえよければ、道迷いによる遭難は、ほぼ過去のものになったといってよいだろう。
日本の山は起伏が激しく、森林も深いのでほんの数mでどこにいるかわからなくことがある。屋久島の宮之浦岳は深い森と谷におおわれているが、毎年のように行方不明者が出ている。余談だが、砂漠は見通しがよいので迷いようがないと思いがちだが、実際はたかだか数m位の起伏があるので、いったん凹みに入ると自分がどこにいるかわからなくなるそうである。昔々のことだが、オーストラリアの内陸部に仕事で行ったとき、年に何人か行方不明者が出るということを聞いた。