気のゆるみ

1週間ほど前、大阪で弁護士との接見を終えた容疑者が逃走する事件が起きた。メディアは連日大騒ぎである。警察の失態が責められるのは当然のことである。こんな事件では決まって、態勢のゆるみ、緊張感が足りないとの叱声が上がる。政治家の失言などでも同様である。決まり文句といってよい。ただとりあえず言ってみただけである。
この事件では、容疑者と面会者を隔てるアクリル板が蹴破られ、面会室の出入りの開閉ブザーは電池がなく、面会室の前室にはだれもいなかったという。気のゆるみといえば、それまでであるが、いくら警察であっても、瞬時も気を抜かず、緊張を持続させることはできない。人間だからである。
老生がまだ現役だったとき、同僚に職場恋愛で結婚を約束していたカップルがいた。結婚式がまじかになったある日、婚約者を助手席に乗せ、帰宅途中に追突し、婚約者は車外に投げ出され、当たり所が悪かったらしく、即死した。まことに気の毒な出来事で、一瞬にして幸福の絶頂から奈落につき落とされたようなものであった。
この場合には、いくつもの「もし」がある。もし、シートベルトをしていたら、もし、ドアロックをしていたら、もし、おしゃべりに夢中にならず、もう少し前方注意を怠らなかったら、もし、夕方で薄暗かったとしてもライトを事前につけていたら、もし、前方に路上駐車の車がなかったら、もし、スピードがもっとゆるかったら、等々である。運転は緊張感を以てとは常々言われることではあるが、誰にも気のゆるみはありうる。しかし、大抵の場合は事故には至らない。それはここで言った「もし」がすべて連続することはめったにないからである。ほとんどの場合は、交通規則と通常の運転マナーの順守だけで十分である。
警察の場合は、犯罪者が多いのであるから、一般人とは異なり、より緊張感が要求される。しかし、今回の場合も、やはりいくつもの「もし」がある。
専門用語になるが、有害な事態を生じるにはいくつもの要因が重なることが指摘され、それをイベントチェインという。どんな「もし」があるかは、現場により異なる。「もし」の検出と対策はそれこそ、最大の緊張感を以てしなければならない。その後は通常のやり方でよいのである。気のゆるみだってある程度は許容されるのである。

茶目ちゃんのパトロール

猫は一日に何回かパトロールに出かける。拙宅には猫ドアがあるので、そこから出ればよいのだが、茶目ちゃんは必ず玄関から出る。野良のクロちゃんと猫ドアで出くわすのが怖いのである。そこで老生の書斎のドアを開けてにゃおーとやる。老生は玄関に出て、茶目ちゃんのために玄関ドアを開けなくてはならない。
昨日は台風だったので、ドアを開けると外を覗いて、こりゃダメとばかりに戻るのを何回も繰りかえした。猫は外が雨ということが分らないらしい。いや、多分雨とはわかっても、出られないという判断には結びつかないらしい。しかし、時には雨でも出ることがある。判断基準は人間の老生には分らない。トイレのためではないようだ。濡れて帰ってきて、猫トイレに入るからである。外でのトイレはいやのようである。
記憶力が弱いわけではないのである。かみさんによると食事の際には、前回のえさがなにかちゃんと覚えていて、同じえさだと拒否するそうである。ぺっとは茶目ちゃん一匹だけで、競争がないので、贅沢になったのだろうか。

山3題

落語に愛宕山という噺がある。京都の大旦那が大阪出身の幇間(たいこもち)を連れて愛宕山にピクニックに行く噺である。愛宕山は標高980mあり、叡山と並ぶ高い山だそうである。昔のことゆえ祇園あたりから歩いて登るとしたら、幇間のようなな軟弱な輩には大苦行に相違ない。落語ではいろいろにぎやかなエピソードが入り、とても楽しい話になっている。

愛宕山は東京にもあるが、標高26mである。天然の山としては、23区内では最高峰だそうである。登路には、正面から上るかなり急な男坂とゆるやかに迂回する女坂がある。男坂は曲垣平九郎が馬で登ったことから出世の階段として有名である。老生は学生の頃、愛宕町(今では、この地名も失われて新橋XX丁目とかいう味もそっけもない名称となった。)にいたので、ほとんど毎日散歩していた。頂上にはNHKの放送博物館や愛宕神社とともにお茶屋があったが、今はどうなっているだろうか。

北区にある飛鳥山は桜の名所であるが、ここが庶民の花見の場所として開放されたのは徳川吉宗の時代だそうである。桜もこの時代にかなり植えられたとされる。明治維新後、江戸時代はあたかも暗黒の時代かのように扱われることが多かったのであるが、実際には幕府は庶政にもかなり心配りしていたことがこれで分る。老生は15年ほど前、花見の時期に、ここを訪れたことがある。意外に狭いので、少しがっかりした。国土地理院の地図には記載がないそうなので、山というより周囲より少し高い丘の扱いらしい。

人工の山としては、新宿区戸山公園内にある箱根山が最高峰だといわれている。標高44.6mであるから、多分区内では最高峰であろう。江戸時代には富士講が盛んだったので、富士山に見立てた人工の山があちこちにできた。品川神社内の富士塚は老生も登ったことがある。登山口から頂上までせいぜい7m位であるが、登山口には立派な石柱の鳥居があった。生意気にも1合目から9合目まで石碑がある。浅間神社のミニアチュアもある。登山道は本物かのようにリアルである。江戸時代には懺悔懺悔を唱えながら白装束で登ったのであろうか。想像すると可笑しくなる。東京には江戸七富士とかいう富士塚があると聞く。いずれ行ってみたいものだ。