山3題

落語に愛宕山という噺がある。京都の大旦那が大阪出身の幇間(たいこもち)を連れて愛宕山にピクニックに行く噺である。愛宕山は標高980mあり、叡山と並ぶ高い山だそうである。昔のことゆえ祇園あたりから歩いて登るとしたら、幇間のようなな軟弱な輩には大苦行に相違ない。落語ではいろいろにぎやかなエピソードが入り、とても楽しい話になっている。

愛宕山は東京にもあるが、標高26mである。天然の山としては、23区内では最高峰だそうである。登路には、正面から上るかなり急な男坂とゆるやかに迂回する女坂がある。男坂は曲垣平九郎が馬で登ったことから出世の階段として有名である。老生は学生の頃、愛宕町(今では、この地名も失われて新橋XX丁目とかいう味もそっけもない名称となった。)にいたので、ほとんど毎日散歩していた。頂上にはNHKの放送博物館や愛宕神社とともにお茶屋があったが、今はどうなっているだろうか。

北区にある飛鳥山は桜の名所であるが、ここが庶民の花見の場所として開放されたのは徳川吉宗の時代だそうである。桜もこの時代にかなり植えられたとされる。明治維新後、江戸時代はあたかも暗黒の時代かのように扱われることが多かったのであるが、実際には幕府は庶政にもかなり心配りしていたことがこれで分る。老生は15年ほど前、花見の時期に、ここを訪れたことがある。意外に狭いので、少しがっかりした。国土地理院の地図には記載がないそうなので、山というより周囲より少し高い丘の扱いらしい。

人工の山としては、新宿区戸山公園内にある箱根山が最高峰だといわれている。標高44.6mであるから、多分区内では最高峰であろう。江戸時代には富士講が盛んだったので、富士山に見立てた人工の山があちこちにできた。品川神社内の富士塚は老生も登ったことがある。登山口から頂上までせいぜい7m位であるが、登山口には立派な石柱の鳥居があった。生意気にも1合目から9合目まで石碑がある。浅間神社のミニアチュアもある。登山道は本物かのようにリアルである。江戸時代には懺悔懺悔を唱えながら白装束で登ったのであろうか。想像すると可笑しくなる。東京には江戸七富士とかいう富士塚があると聞く。いずれ行ってみたいものだ。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード