新しき年に

明けましておめでとうございます。

さて、ブログを始めて1年半以上になるが、遅々として進まない。原因はボンドグラフの説明をするには図解をうまく使う必要があるのだが、老生宅には高価なドローソフトがないのでうまくかけないのと、そもそも図のセンスがないからである。今年はIpe7を物にして(これはただ)、なんとか完成させたい。また、応用例の充実もさせたい。ボンドグラフはマルチドメインが特徴なのだが、熱関係の説明をほとんどしていないので、充実させたい。それで読者が増えるかどうかはわからないが、ボンドグラフ自体が趣味になっているのでそれはどうでもよろしい。また、肝心のボンドグラフの計算プログラムの公開もできていない。それもなんとかしたい。友達からは内容が難しすぎて、ちんぷんかんぷんと酷評されているのでそれもなんとかしたい。なんとかしたいだらけである。こんなところが計画といえば、計画である。

最近はモデルベースによるシミュレーションが流行になっていて、学会でも盛んに取り上げられている。老生もこのため、Modelicaの勉強を始めている。これはEquationベースであって、因果関係を考える必要がないようである。それでもModelicaを使用しながらボンドグラフを使う試みもある。いずれ紹介したい。

 

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード