多様性

暇なので最近はYoutubeが娯楽となっている。オーストラリア人と日本人の国際結婚の
カプルのYoutubeが面白かった。日本の良いところ悪いところをオーストラリア人の細君が縷々取り上げていた。良い点というか気に入っていたのはまず四季が明確なことだそうである。オーストラリアにも四季はあるが、日本ほどはっきりしていない。なんとなく季節が移り替わる。また、日本は南北に長いので、土地により全く異なる。しかし、オーストラリアはどこでも同じである。

日本はその土地毎に歴史、風俗、習慣、文化が違う。季節ごとにお祭りがある。オーストラリアはどこでも平均している。家のつくりも日本では土地毎に違うがオーストラリアではどこでも同じである。多様性という点では日本は際立っている。治安の良さ、人々が温和で争いが少ないことは最大である。

日本で最も嫌だったのは硬直性だそうである。これがきまりですというとテコでも動かない。細かい事だがこの女性はベジタリアンなのだそうで、レストランで肉を抜いてくれといっても頑として聞かない。この女性は日本語がかなり話せるらしいのだが、日本語で注文しても覚束ない英語で答える。外人は日本語が話せないと決めてかかっているらしい。旦那と一緒にレストランに入っても旦那にばかり話しかける。レストランやお店のサービスが丁寧なのは良いのだが、ロボットがやっているようで嫌だったそうである。オーストラリアでのサービスははるかにぞんざいだが、しかし、人間的だそうである。ありがとうという言葉自体もそう思わなければ言わない。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード