新潟県五頭連峰親子遭難

本年5月5日に小学生と一緒に登山した親子が新潟県五頭山連峰で遭難した事件は老生も取り上げた。SNSの発達は恐るべきもので、2回にわたり調査登山を実施し、Youtubeで報告している御仁がおられる。Youtubeで”新潟県五頭山連峰親子遭難”で検索すると出てくる。この報告で注目されるのは、ルートのどこでも携帯の受信が可能だったことである。スマホには、GPSが入っているから迷うことはないと、過信した可能性がある。ご遺体はルートからかなり外れたところで発見された。道迷いでビバーク後にあちこち歩き回った結果、滑落したのではないかと推定される。ルート上にはかなり完備した避難小屋があり、ストーブまであったので、早めに連絡ができていれば助かった可能性がある。驚くのは5月22日の段階でも雪が豊富なことで、雪と樹木にルートが覆われ非常に分かりにくかったと指摘されている。5月5日のあたりではさらにわかりにくかったであろう。肉体的にもかなりつらかったのではないだろうか。

遭難要因で最も多いのは道迷いと悪天候、転落である。現在でも遭難の40%は道迷いだそうである。昔は2万5000の地図、コンパスによる読図、ビバークの訓練がされたものである。15年ほど前からGarminが発売されて、精密な登山経路、自分の現在位置も容易に知りうるようになった。おまけにカシミールというソフトが発売されて、ルート計画をパソコンで容易にできるようになった。Garminは以前は英語版のみであったが、現在では日本語版も発売されている。高価なことが唯一の欠点だが、命の危険には代えられない。準備さえよければ、道迷いによる遭難は、ほぼ過去のものになったといってよいだろう。
日本の山は起伏が激しく、森林も深いのでほんの数mでどこにいるかわからなくことがある。屋久島の宮之浦岳は深い森と谷におおわれているが、毎年のように行方不明者が出ている。余談だが、砂漠は見通しがよいので迷いようがないと思いがちだが、実際はたかだか数m位の起伏があるので、いったん凹みに入ると自分がどこにいるかわからなくなるそうである。昔々のことだが、オーストラリアの内陸部に仕事で行ったとき、年に何人か行方不明者が出るということを聞いた。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード