多様性

たまたまTVを見ていたところ、外国にルーツのある青年を集め、ダイバーシティを論じる番組があった。ダイバーシティは「多様性」と訳すらしい。アンケートの公開があり、設問は多様性は良いと思うか、悪いと思うかということであった。「悪い」とする答えが「良い」よりかなり多かった。「多様性」なる言葉の定義をせず、良し悪しを設問とするのも、ずいぶん無茶な話ではある。司会者はどうやら多様性に理解を求めることが正しいと信じているのであろう。
老生は最近出不精になり、Youtubeを見るのが楽しみの一つである。パリに暮らし、働いている日本人の世間話にこんなのがある。たまたま白人ばかりのお店だったようであるが、日本人はみんな平べったい顔ばかりで、鼻も低い。あれでちゃんと息ができるとは不思議だと、面と向かって言われたとか、あんな細い目でみえるのかしらと言われたとかといった話である。言っている当人はもちろん差別意識も悪気も毛頭ない。小さいお店で、従業員はフランスではどちらかというと下層らしかったので、そんな話題は差別になるよと注意する人も周囲にはいないのだろう。インテリのいわゆる「ポリコレ」で粉飾した話よりはよほど正直で本音丸出しである。外見が異なるのは目立つのである。
日本はほぼ99%は人種的には同一であり、歴史上でもアジア人の流入はあったであろうが、白人や黒人の流入はほとんどなかったので、外国人との混血は外見上でもかなり異なり目立ちやすい。しかし、「多様性」は単なる善悪や外見の好悪の問題ではない。人がまとまった社会を構成し、平穏に暮らすには価値観があまりに異なる人は受け入れがたい。たとえば、嘘つき、泥棒などの犯罪者までいかなくても、攻撃的な人、社会性のない人は、のけ者にされやすい。
日本人は「和をもって尊しとなす」の社会であるが、普遍性のある価値観とはいいがたい。
極端な話にはなるが、ブラジルのアマゾンには嘘、だまし、暴力を是認し、自己の利益のみを善とするインディオ部族があるそうである。ただし、この部族の人口は減少する一方であるとのことである。それはそうだろうというのは日本人だけの納得で、日本社会ですら、たとえばやくざなど価値観が全く異なっている集団がある。国レベルでも文化や価値観は多様である。「和をもって尊しとなす」だけで世界を相手にできるほどには単純ではない。単なる善悪を離れ、現実を知ること、そのうえでどう対処すべきかを考えたい。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード