年月

犬の虐待

先ごろ犬を虐待するおばさんの動画がSNSに投稿され、大きな話題となった。ところがこの動画から場所を突き止め、動物保護団体が犬を保護したのである。現在のカメラはほぼディジタルカメラであるので、特に設定しないと自動的にGPSデータが含まれている。解析は必ずしも容易ではないが、とにかくこの団体はそれをやったわけである。場所が特定されると、このおばさんの自宅を突き止めるのも容易であるし、メディアには出ていないが、おそらく、氏名、年齢、電話番号まですでに知られているであろう。事件によってはSNSに直ちに写真がアップされるかもしれない。
監視カメラに写っていなくても個人的行動がSNSにアップされる可能性は常にあることになる。中国のように国家として人民のすべてを監視している社会もある。技術的には可能なのである。技術の進歩は個人にも社会にも有用と思われてきたのだが、いまや悪と善のすれすれにまで近づいているのかもしれない。