犬の虐待

先ごろ犬を虐待するおばさんの動画がSNSに投稿され、大きな話題となった。ところがこの動画から場所を突き止め、動物保護団体が犬を保護したのである。現在のカメラはほぼディジタルカメラであるので、特に設定しないと自動的にGPSデータが含まれている。解析は必ずしも容易ではないが、とにかくこの団体はそれをやったわけである。場所が特定されると、このおばさんの自宅を突き止めるのも容易であるし、メディアには出ていないが、おそらく、氏名、年齢、電話番号まですでに知られているであろう。事件によってはSNSに直ちに写真がアップされるかもしれない。
監視カメラに写っていなくても個人的行動がSNSにアップされる可能性は常にあることになる。中国のように国家として人民のすべてを監視している社会もある。技術的には可能なのである。技術の進歩は個人にも社会にも有用と思われてきたのだが、いまや悪と善のすれすれにまで近づいているのかもしれない。

クレジットカード

老生は年寄りとしては、気軽にクレジットカードを使うほうである。新聞などでは個人情報が洩れて、勝手にカードを使われる話があるが、これまで自分は被害にあったことはなかった。ところが、今日カード会社から電話があり、昨夜100万の買い物をしたようだが、覚えがあるかと尋ねられた。カード会社からはほかにも複数の買い物があるので、一応支払いは止めてあるとのこと。もちろんそんな多額の買い物は身に覚えがない旨お話しし、カードは直ちに停止してもらった。カード会社の審査はどんな仕組み化は知らないが、買い物の内容を監視し、異常なデータはすぐ検出されるようである。なんとも恐ろしい話ではある。

老人は出不精になるし、宅急便の発達でネットとクレジットは買いすぎにさえ注意すれば、実に便利なものである。しかし、一方では今回のように、他人によるなりすましも生じる。老生の買い物は、普段少額のものが多いので、検出も容易だったのかもしれない。しかし、少額の買い物を連続してやられたら、カード会社が気が付くかどうかはわからない。老生は毎月支払いはチェックするが、いったん支払われた場合の異議申し立てはどうするのだろうか。そのあとの手続きを考えると空恐ろしくなる。だからと言って、一々お店に行き、買い物をする気力もない。便利さと引き換えの危険はどうしようもないのだろうか、当面はネットでの買い物は特定のサイトとし、知らないサイトは利用しないこと、カードは時々変更するなどの防衛策をとるしかないようだ。

カードによる支払い情報が異常と検出されることは、一面からすると、老生の生活のかなりの部分がカード会社からは、お見通しということでもある。知られて困るようなことはないは言え、薄気味の悪い事ではある。

LaTeXとWORDPRESSメモ

これは老生のメモである。やっとこさWin10を手に入れ、データの移管をはじめたところ、LaTeXにかなりの改変があることが分かった。MikTeXはインストールをし直した。日本語入力の変更の必要があった。IPE7については変更はなかった。Simtec.jpに簡単に記した。

TeXWorksはかなりの改変があったようである。従来のインストーラabtexinstはインストーラ3となったが、GsViewがインストールされない。GhostScriptとGsViewの組み合わせを試し、gsv50w32とgs920w32full-gplでなんとかうまくいった。図は全面的にPDFファイルにしなければならない。PDFファイルの場合は、Bounding Box(参考)データを必要とする。EPSファイルからPDFにすることは、老生はADOBE ACROBATを持っているので難なくできたが、多数のPDFファイルのBounding Boxデータの作成には少し苦労した。次のコマンドでできた。

for %a in ( *.pdf) do extractbb %a

Bounding Boxデータは次のように表示される。

 %%Title :./file.pdf
 %%Creator : extractbb 20140317
 %%BoundingBox:0 0 595 841
 %%HiResolution:0.000000 0.000000 595.000000 841.000000
 %%CreationDate:CalenderDay Month Day Time Year

figure 環境のためにはスタイルシートmediabb.styを必要とする。プレアンプルに

\usepackage{mediabb}

として、設置する。

figure環境で、

\includegraphics[width=90mm,bb=0 0 595 841]{hoge.pdf}

のようにして画像が表示できる。また旧版では印刷にかなり問題があったが、解決されたようである。

さらに大きな問題はWORDPRESSの最新版にエラーが続出したことである。どうやらエディターが新しくなり、老生が慣れていないためにルール違反をしていたようである。プラグインをClassicEditorにして解決した。最新のエディターはHTMLなどは不要だそうである。しかし、老生にはHTMLの方が安心感がある。