2015年12月

犬の期待に応えるのも

札幌は猛吹雪らしい(参考)。関東地方は快晴。別に緯度の違いを言わなくても、東京と新潟を比べるだけで冬の気候は大違い。拙宅の茶目ちゃん(メス猫)は猫キャビンのホットカーペットでぬくぬくしている。わんちゃんには喜びかもしれないが、飼い主さんには苦労というシーンがこのサイトに生き生きと掲載されている。

以前拙宅で飼っていたゴロちゃんは18歳まで生きたが、若いころは元気いっぱいであった。30年ほど前に関東地方に大雪が降った日があって、1日で20cmも積もったろうか。今日は散歩はしないと言っておいたが、一応、洋室のガラス戸をあけて放してやった。そのころ、拙宅の裏はかなり広い林だったので、できたのである。ゴロちゃんの喜びようは大変なもので、ワンワン大声で吠えながら駆けずりまわっていたものだ。30分位で帰ってきたが、もちろん、体はびしょびしょで後始末は大変だった。あれほど喜ぶ姿は初めてだったし、その後もない。雨でも散歩は欠かさずにしてはいたが、犬にとってはもの足りなかったのかもしれない。もう少し遊んでやればよかったとも思うが、今となっては後悔にしかならない。ペットロスとかいう言葉があるが、ゴロちゃんはとても頭がよく、感情が豊かだったのでことさらにそう思うのかもしれない。