ボンドグラフ

MikTeXとIPE7

ようやくWin10を手に入れ、とりあえずこれまでのサイトが動くかどうかのテストをしている。MikTeXが大きく変更され、インストールのやり直しをしなければならなかった。また、日本語入力方法もかなり変更しなければならなかった。詳しくはsimtec.jpを参照願いたい。TeXworksもかなり変更されている。おそらく近いうちにまた改変があるようだ。例えば、DVIファイルは全廃された。しばらくは監視と注意が必要である。

MikTeX更新

MiKTeXの大幅更新があり、IPE7も動かなくなったので、サイトの”Tips3:Ipe7のインストール方法”を全面改定した。インストーラーが64ビット版のみになり、MikTeXのタイプセット方法も新規となった。
“Tips6:Ipeの日本語テキストオブジェクトの挿入”も当然改定すべきであるが、従来のMikTeXの日本語挿入方法が通用せず、現在調査中です。新規改訂しました。
IPE7マニュアルは従来プリントしたものをPDF化していたが、大変見難いのでLaTeXによる直接変換とする計画です。
追記:MikTeXtのpdflatexによる日本語テキストオブジェクトの挿入が可能になりました。

追記2:IPE7に対する日本語テキストオブジェクトの挿入が可能になりました。

MiKTeX209-jpeg.dll is missing

これは単なる老生のメモである。学会への投稿を求められたので、IPE7でグラフを描こうとしたら動かない。改訂版が出ていることが分ったので、ダウンロードしたら今度はMiKTeXが動かない。LaTeXが作動しないのである。消去を繰り返し、やっと再インストールしたら今度は首記のメッセージが出て動かない。

ネットを探したらmiktex-jpeg-bib-2.9をインストールすればよいとの記事を発見(参考)

latexwork でpdflatex neko.texをテストし、無事日本語変換を確認できた。ああでもない、こうでもないで3日を空費した。再インストールをいい加減にやっていて、あちこちにファイルが分散していたのもまずかった。
もう一つ、

TeXworksを再インストール後新たな問題が続出した。

例:preambleで\usepackage[dviout]{graphics}→\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}となる。