世相

気のゆるみ

1週間ほど前、大阪で弁護士との接見を終えた容疑者が逃走する事件が起きた。メディアは連日大騒ぎである。警察の失態が責められるのは当然のことである。こんな事件では決まって、態勢のゆるみ、緊張感が足りないとの叱声が上がる。政治家の失言などでも同様である。決まり文句といってよい。ただとりあえず言ってみただけである。
この事件では、容疑者と面会者を隔てるアクリル板が蹴破られ、面会室の出入りの開閉ブザーは電池がなく、面会室の前室にはだれもいなかったという。気のゆるみといえば、それまでであるが、いくら警察であっても、瞬時も気を抜かず、緊張を持続させることはできない。人間だからである。
老生がまだ現役だったとき、同僚に職場恋愛で結婚を約束していたカップルがいた。結婚式がまじかになったある日、婚約者を助手席に乗せ、帰宅途中に追突し、婚約者は車外に投げ出され、当たり所が悪かったらしく、即死した。まことに気の毒な出来事で、一瞬にして幸福の絶頂から奈落につき落とされたようなものであった。
この場合には、いくつもの「もし」がある。もし、シートベルトをしていたら、もし、ドアロックをしていたら、もし、おしゃべりに夢中にならず、もう少し前方注意を怠らなかったら、もし、夕方で薄暗かったとしてもライトを事前につけていたら、もし、前方に路上駐車の車がなかったら、もし、スピードがもっとゆるかったら、等々である。運転は緊張感を以てとは常々言われることではあるが、誰にも気のゆるみはありうる。しかし、大抵の場合は事故には至らない。それはここで言った「もし」がすべて連続することはめったにないからである。ほとんどの場合は、交通規則と通常の運転マナーの順守だけで十分である。
警察の場合は、犯罪者が多いのであるから、一般人とは異なり、より緊張感が要求される。しかし、今回の場合も、やはりいくつもの「もし」がある。
専門用語になるが、有害な事態を生じるにはいくつもの要因が重なることが指摘され、それをイベントチェインという。どんな「もし」があるかは、現場により異なる。「もし」の検出と対策はそれこそ、最大の緊張感を以てしなければならない。その後は通常のやり方でよいのである。気のゆるみだってある程度は許容されるのである。

独立講演会

青山繁晴参議院議員の独立講演会を聴講した。この講演会は東京都、関西で隔月に行われているそうだ。非常に人気が高く、抽選になるという。老生は初めてだが、当選したので参加した。参加費は5000円なりで、老生のような年金生活者にとっては一呼吸必要な額である。有楽町の朝日ホールが会場であったが、豪華な会場であった。都心にはめったに出かけないので、お上りさん気分である。

内容それ自体は昨今のモリカケ問題の解説、先日の参議院の質問、持論のメタンハイドレードに関わるエネルギー問題等である。面白かったのは例の森友学園でも2回講演していることで、籠池夫人のトンデモ振りである。老生なんぞは歳のせいでなんでもすぐ忘れるのだが、会話の内容を微に入り細にわたり再現するのには恐れ入った。安倍夫人もこのトンデモに引っかかったほうであるが、人が良いにも程があろう。

驚くのはエネルギッシュなことで、なにせ5時間を立ったまま原稿もなく早口でしゃべりとおす。如何に講演慣れしているといっても尋常ではない。ご当人はF1レーサーの資格があるらしいので、肉体的、精神的な強靭さは並外れている。選挙運動の時に交通事故にあい、頸椎捻挫をしたがいまではなんともないという。老生の知人でまだ20歳位のときにオートバイ事故で頸椎捻挫をした人は10数年経過しているのに、いまだに後遺症を引きずっている。こんな例を考えると、超人的といってもいいくらいである。

政治家としても政治資金は受け付けない。後援会もない。敵が多いので隙を作らないのであろうか。活動資金は著作と講演による自己資金のみのようだ。これではかなり苦しいと思われるが、スタッフも献身的なのであろう。しかし、大学教授でもあって、学生のフアンも多いらしい。時間、費用を考えると大学教授を兼ねるのは大変と思われる。人間的魅力に富んだ人なのであろう。

老生が少し引っかかったのは皇室に対する言及であった。皇室については報じられた当事者は一切反論しないので一方的な書き得になる。出身が記者なので取材から得た情報なのであろうが、通常とちがい、肝心の陛下や皇太子殿下への取材はできないので所詮は伝聞である。しかも、宮内庁の担当官が皇室に対する忠誠心も尊敬の念も欠いているのであるから、内容が一方に偏する。先ごろの毎日新聞がご譲位に関し、陛下が有識者懇談会に不満をもっておられるとする記事が典型であって、宮内庁は即座に否定したが、毎日新聞は言いっぱなしである。何ら反省の気持ちもない。老生は皇室情報は公式なメッセージ以外はすべてデマと心得ている。

青山氏は今上陛下の家庭教師がイギリス人で左翼なのでその影響があるかのようにいったが、これはヴァイニング夫人のことであろうから、米国人である。単に伝聞だけで論評するのは記者の悪い癖であろう。夫人はクェーカー教徒であるから、左翼とはなんの関係もない。保守的な人である。小泉信三氏はヴァ夫人をノーブルな心を持った人と言っているから、人柄も察せられるであろう。引退後に「皇太子の窓」なる回想録を書いたが、一部からはたかが家庭教師の分際で云々と批判もあった。しかし、これはマッカーサーの威光を背景とする当時の事情からすると、ある程度上から目線になるのはやむを得ないであろう。

雅子妃についてもずいぶん批判的なようであるが、これも世の風潮に惑わされている。西尾幹二氏を始めとし、雅子妃に対してはかまびすしい批判がある。老生は氏の論文?とかいうものはだいぶ読んだが、結局何が問題なのかさっぱりわからなかった。要するにキライだといっているに過ぎない。文学者なので絢爛たるレトリックで覆っているだけである。そもそも女性皇族の祭祀への参加がないとはもともと参加しないのが当然なので、言いがかりでしかない。香淳皇后の場合でも陛下が祭祀をなさる際はお慎みなさるだけだあったといわれている。公務云々に至っては公務とは何かが一向に解らない。老生は皇室に言及するのなら、取材力を生かした活動をしてほしいと希望したい。たとえば皇室費である。

トランプ大統領

トランプさんがアメリカ大統領に当選したので、メディアは後講釈に忙しい。老生ごとき市井の凡人が論評すべきことではないが、口幅ったいようだが老生にとっては別に驚きではない。老生の知っている範囲でも事前にトランプ候補の当選を断言していたのは藤井厳喜、宮崎正弘の両氏がいる。藤井厳喜氏は11月3日にも僅差だが、トランプ氏が当選すると断言していた(参考)。
メディアでは、世論調査の誤りが指摘され、米国でも固定電話による世論調査は信頼できないことが分かったなどと言っているが、そんなことは事前に解っていたことである。

老生は藤井氏の講演を2年前にも聞いたことがある。次期大統領は共和党になる可能性が高いとの趣旨であった。アメリカの草の根の保守的地力を重視すべきと力説していた。しかし、では正統的共和党エスタブリッシュメントが政権を奪還できたかは疑問である。アウトサイダーのトランプ氏だからこそ、草の根を掘り起こしたといえるのではないか。

米欧のメディアは左翼全盛であって、日本のメディアは米欧の追随でしかないから、当然左翼全盛である。これはグローバリズムの帰結である。グローバリズムではトップクラスの人達が富と価値観すら独占する。そうして庶民に対し、お説教する。これが正しい、お前たちは従うべきだというのである。A新聞はその典型である。老生がいかになんでも極端だと思ったのはLGBT問題である。主観的に女性である男性は女性用トイレを使用できるのだそうである。高度の知性を有する女性には受容できるのかもしれないが、一般の女性には到底許容できることではないだろう。PC問題もこの延長線にある(PC問題とはPolitical Correctnessの略、要するにマスコミが建前で口にすべきではないとか、差別だからいけないとかいうたぐい。)。なんだか難しい話をされて人権とかなんとかからそうすべきだといわれても庶民はおかしいと思う。そのうえお説教する輩はとてつもない高収入と高学歴の持ち主である。口ではかなわないが、おかしいというのが実感ではないだろうか。本来メディアは事実を伝え、解釈はまかせるのが筋である。しかし、日本メディアは特にそうであるが、事実ではなく、解釈というか上から目線の説教ばかりする。その結果、メディアはウソしか伝えない。信じられないとなる。

それでも庶民は暮らしが成り立つなら我慢をするだろう。しかし、もうぎりぎりまで来ている。とうてい 我慢できないというのではないだろうか。その本音が爆発したと理解している。